投稿日:

印鑑の作成には時間がかかる?即日で作る方法も紹介

社会に出ると様々な状況で実印の印鑑を使うことがあります。もし、今あなたが印鑑をお持ちでないのであれば、急に必要になったときに、

「印鑑の作成時間ってどのくらいかかるの?」
「使うときまでに間に合うかな?」

ということが気になるところですね。

 

特に初めて印鑑を作成される方は、

「印鑑の作成には時間がかかる」

と思われているのではないでしょうか?

 

しかし、以前は「完全手彫り」で作成して時間のかかった印鑑も、最近では「機械彫り」で時間を短縮して作成ができるようになっているんです。

 

そこで、こちらの記事では、印鑑の作成の時間や短い時間で作成するための方法をまとめました。

  • 急遽、その日のうちにしっかりとした印鑑の作成の必要になった方
  • 短時間で印鑑を作成しなくてはいけない状況の方
  • 印鑑の作成にどのくらいの時間が必要なのかを知りたい方

はぜひご覧ください。

 

印鑑の作成時間はどのくらいかかる?

印鑑を作成する時には、地元の印鑑屋さんに行って印鑑を作るということを思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
注文を受けてから、時間をかけてじっくりと職人さんが名前を彫っていく……
そんなイメージがあるので、
「印鑑の作成には時間がかかるものだ!」
と思われている方も多いでしょう。

しかし、最近は印鑑を作成する技術も向上していて、機械を使って簡単に短時間で印鑑の作成が行えるようになりました。
そして、印鑑作成にかかる時間は、この「彫り方」をどうするかによって、時間にかなりの差がでてしまうんです。

 

それでは、
「どの彫り方が時間をかけずに印鑑を作成できて、どの彫り方だと時間がかかってしまうのか?」
についてみていきましょう。

 

印鑑を作成する時の彫り方は大きく分けると、

  • 機械彫り
  • 手仕上げ
  • 完全手彫り

3つの種類があります。

 

そして、結論からいいますと、この中では機械彫りが最も時間をかけずに早く作成することができるんです。
機械彫りとは、その名の通り機械を使って印鑑に書体を彫り出す方法。それなので、人の手を使って書体を彫り出す手彫りに比べると、短時間で早く印鑑を作成できます。
ただし、機械彫りは完全手彫りに比べて偽造の可能性が高くなるので、実印として使用するなど、正式な印鑑の作成には向かないというデメリットがあります。

 

一方で、一番時間のかかる彫り方は完全手彫り。

完全手彫りは機械彫りとは違って、職人さんの手が入るので、オリジナルの印鑑を作成することができます。

 

ただ、手彫りは機械彫りとは違って人間の手で印影を彫っていくので、機械彫りよりも時間がかかってしまうというのがイメージできますね。

 

つまり、急いでいて、短時間で印鑑を作成しなくてはならない状況の場合には完全手彫りは向きません。

 

では、実際にそれぞれの方法で印鑑を作成した場合には一体どのくらいの時間がかかるのでしょうか?

 

店舗の状況や来店する時間帯にもよりますが、実際に印鑑の作成を機械彫りと完全手彫りで注文すると、

  • 機械彫りであれは即日~2日程度
  • 完全手彫りの場合は10日~2週間程度

の時間がかかります。

 

彫り方による印鑑の作成時間の違いは顕著で、選び方によって最大で2週間近く作成時間に差が出るということですね。

 

結論としては、急ぎで印鑑が必要になった場合には、彫り方の条件によって即日に作成してもらうことも可能です。

 

ただし、役所で印鑑登録をする印鑑は、完全手彫りで作成した方が良いので、時間がかかるということを覚えておくと良いですね。

 

もし、「明日印鑑が必要」などといったように、緊急で印鑑が必要になった方はすぐに作成できる機械彫りを選択するしかありません。

 

これから、将来的に

  • 政府機関に印鑑登録をして実印として使う
  • 銀行の印鑑としてお金の管理に使う

といったような印鑑を作成する場合には、使用するタイミングまでに印鑑を仕上げるために、ある程度時間に余裕を持って作成するようにしましょう。

 

次の項では、そうした彫り方の違いから「印鑑を即日作成するためにはどうすれば良いのか」について解説していきます。

 

短時間で即日に印鑑を作成する方法

前述したように、印鑑の作成には、「機械彫り」「手仕上げ」「完全手彫り」の3つの方法があります。もし、緊急で時間がなく、即日に印鑑が欲しいのであれば、ほとんどの場合機械彫りで印鑑を作成する以外に選択肢はありません。

 

機械彫りの印鑑であれば、作成の早い店舗で注文すると、地域にもよりますが、最短で1時間程度で作成してくれる店舗もあります。
もし、役所で実印登録をして使用したいのであれば、午前中に作成をすれば、午後イチで印鑑登録をしに行くことも可能です。

 

ただし、機械彫りの印鑑を作成する場合には、彫る時間は短いのですが、パソコンのフォントなど汎用性の高いフォントを使用することがあるので、完全オリジナルの印鑑を作ることはできません。

 

パソコンのフォントなどの汎用性の高いフォントで印鑑を作成した場合は、データを使って印鑑を偽造されてしまう可能性も出てきます。

 

そのため、機械彫りで作成した印鑑で、役所などに印鑑登録をして一生使う実印を作成する場合などの彫り方としては不適切。

 

ただし、緊急事態のため、即日、もしくは翌日までに印鑑が必要になった場合には、仕方がありませんので、とりあえず機械彫りで印鑑を作成して、契約などに使用しましょう。

 

そして、改めて偽造される可能性の低い完全手彫りの印鑑を作成して、印鑑登録することをおすすめします。

 

ちなみに、作成した印鑑を実印として使用する場合には、役所で印鑑登録をする必要があります。いくら完全手彫りでしっかりとした印鑑を作成したとしても、そのまま実印としては使用できませんので、そちらは注意してください。

 

また、緊急用として印鑑登録を行い、改めて印鑑を作成して登録し直すには、改印届けを提出する必要がありますので、そちらも忘れないようにしましょう。

 

印鑑の作成は彫り方を機械彫りにするのか、完全手彫りにするのかで、完成までの時間が変わってくるということをご紹介してきましたが、印鑑を作成する時にはどこで作成を行なうのかも重要になってきます。

 

印鑑の作成といえば、実店舗で作成するというイメージがあるかと思いますが、実は、最近はインターネットを使った印鑑の通販サイトで作成する方法も主流になりつつあるんです。

 

そして、この「実店舗とネット通販のどちらを利用するか」によっても、印鑑の作成から商品の受取までの時間が変わってきます。

 

そのため、緊急で「すぐに印鑑が欲しい!」という方にとっては、彫り方だけでなく、実店舗で作成するのか、ネットで作成するのかも重要になってくるので、注意が必要です。

 

それでは、実際に実店舗とネット通販を利用して印鑑を作成した場合には作成時間にどのような違いがあるのでしょうか?

 

次に「ネットと実店舗での作成時間の違い」についてご説明していきます。

 

ネットと実店舗の違い

少し前までは印鑑を作成するのであれば、地元も印鑑専門店に行って作成を依頼することが主流でした。
しかし、最近はネットの通販サイトで印鑑を作成できる様になってきていて、ネットから印鑑の作成を行う方もかなり増えています。
もし、ネット通販で印鑑を作成できるのであれば、24時間いつでも注文することができて、すぐに印鑑が届きそうな感じがしませんか?

 

作成を急いでいる方にとっては、ネットで作成した方が早いのか、実店舗に来店して作成した方が早いのかも特に気になるところですよね。

 

結論から言うと、もし機械彫りで印鑑を即日作成したいのであれば、ネットで購入しても、実店舗で購入しても、実はそこまで仕上がりの時間に差はありません。

 

しかし、気をつけたいのは、ネットで作成を依頼した場合、天候などによって郵送が遅れたり、商品を受け取るタイミングが合わない事があるということです。

せっかく印鑑が早く完成していても、受け取ることができないのであれば、最悪の場合には何日も手元に届かないということも起こりえます。

 

さらに、通販サイトの場合には支払い方法によっても、発送日が変わることもあります。銀行振込などを選択した場合には、店舗側が入金の確認後に発送をする場合もありますので、急ぎの場合にはそちらも注意してください。

 

ここまでの情報だけでは、ネット通販で印鑑を作成・購入するのはデメリットしかないと思うかもしれません。しかし、ネットの通販サイトを使って印鑑を作成した場合には、実店舗で作成した場合には得られない大きなメリットがあります。

 

それは、

ネットの通販サイトは実店舗に比べて安く印鑑を作成することができる

ということです。

 

これは、社会人になりたてで、少しでも節約を考えていらっしゃる方にとっては嬉しいですよね。

 

なぜ、ネット通販の方が実店舗よりも安く印鑑を作成することができるのかというと、簡単に言えば維持費や広告費が少なくて済むから。

 

その他にも、印鑑通販サイトによって安く印鑑を作成できる理由があります。
実店舗とネットの通販サイトの値段の違いについては、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

以上の内容と、ネットの通販サイトと実店舗での作成時間から、、

  • 確実に即日に印鑑を作成したい場合には、即日対応している実店舗で作成をお願いする
  • 実店舗に訪問している時間がない場合は、ネット通販サイトを利用して作成を依頼する

といった感じで利用方法を選択するようにしましょう。

 

もし、作成までに時間にある程度余裕があれば、ネットの通販サイトを利用して印鑑を作成すると、作成費用を押さえて印鑑を作成することができます。

 

社会人になってしっかりとした印鑑が必要になった時、すぐに使えるように、余裕を持って早い段階で作成をしておくことをおすすめします。

 

ここまで、印鑑の作成については、一般的には彫り方が一番作成時間に関係するということをご説明してきました。基本的には彫り方に注意していれば問題はないでしょう。

 

ただし、印鑑を作成するときには、「使用する素材と作成時間」も注意しておきたいポイントです。

 

印鑑は様々な素材で作成することができますが、店舗によっては自分が欲しいと思っていた素材でも、すぐに対応できないといったこともあります。

 

では、なぜ使用する素材によって作成時間に違いが出るのでしょうか?
次に、「印鑑の使用素材と作成時間の違い」についてご説明していきます。

 

使用素材による違い

印鑑をつくるときには「機械彫り」にするのか「完全手彫り」にするのかが、作成の時間に大きく関わるということでした。ただ、店舗によってですが、印鑑に使う素材でも作成の時間が変わってくることもあります。

 

これは、特殊な素材などで印鑑の作成をお願いする場合。
例えば、チタンや水晶などのような特殊な材料を使って印鑑の作成を依頼した場合、店舗で印鑑の「彫り」を行う設備が整っていない場合には、3~4日程度の時間がかかってしまうこともあります。

 

こうした特殊な素材を使って印鑑を作成する場合には、利用する店舗に使用したい素材での作成時間について確認する必要があります。

 

とにかく緊急で印鑑がすぐに必要にな時には、彫り方は機械彫りを選択する。素材も取り扱いの多い木材の「柘(あかね)」などを選び、あらかじめ作成時間を確認してから注文をすると良いです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
こちらの記事の内容をまとめると、

  • 急遽印鑑が必要になった場合には彫り方は機械彫りを選択して、材料にはこだわらずになるべく早く作成できるものを注文する
  • ネットで注文して郵送してもらう場合には、しっかりと受け取りができるようにしておく
  • 機械彫りでの印鑑はあくまでも緊急用として使用して、役所で印鑑登録をして長期的に使用する場合には「手彫り」の印鑑を作成する

ということでした。

 

結論として、しっかりとした印鑑の作成にはある程度の時間がかかります。
緊急の場合には仕方がないですが、役所に印鑑登録する実印や、銀行の印鑑などお金の管理に使用する場合には、時間に余裕を持って作成するようにしましょう。

 

この記事でもご紹介した、時間や素材、購入店舗のように、印鑑を作成する時には押さえておきたい○つのポイントがあります。

 

詳細についてはこちらの記事で解説していますので、印鑑を作成する前にぜひご覧ください。