投稿日:

印鑑を安い値段で作成する方法!郵送は送料無料になるのか?

社会人になると、実印などのしっかりとした印鑑が必要になる機会が多くなりますが、新社会人になったばかりで出費を抑えたい時には、
「まずは、安い印鑑で良いから作ろう…」
と考えてしまいがちです。 

しかし、単純に値段が安いというだけで印鑑を作成するとなると、果たして本当に質の良い印鑑が出来上がるのかという不安を拭いきれないのも本音。
では、安い値段で印鑑を作成した場合と高い値段で印鑑を作成した場合とで、品質などに違いは出るのでしょうか?

 

実際に私が印鑑をどのくらい安い値段で作ることができるのか調べたところ、同じ素材、同じサイズで作成しても、店舗によって、かなり値段に違いがありました。そこで、こちらの記事では、印鑑を作成する際に安い値段で作る方法をまとめました。

 

印鑑を安い値段で作成したい方はもちろんですが、
「安い値段で作成した印鑑の安全性などを知りたい」
「安い印鑑が作成できる理由が知りたい」

という方もぜひご覧ください。

 

安い印鑑の作成について

それでは早速、安い値段で印鑑を作成する方法についてご紹介していきたいと思います。

 

印鑑の作成というと、以前は地元の実店舗で作成することがほとんどでした。
ただ、ネット通販が主流になってきた今日においては、実印や銀行印などの重要な印鑑でさえも通販サイトを通じて作られるようになってきています。

 

そうなると、実店舗とネットの通販サイトのどちらの方が安い値段で印鑑を作成できるのか気になりますよね?

 

私が実際に調べたところ、
印鑑を作成するなら、実店舗よりもネットの通販サイトで作った方が安い
という傾向があることがわかりました。

 

ネット通販で安い印鑑が作成できる理由

ネットで安い印鑑が作成できる理由は、実店舗に比べて質の悪い印鑑だから……
ということではなく、主に以下の2つの理由があります。

 

  • 実店舗に比べて、テナント料や人件費を抑えている
  • TVやラジオ、チラシなどの宣伝広告費を抑えている

こうした理由から、ネット通販サイトは地元の印鑑専門店に比べて店舗運営にかかる経費を抑えているので、実店舗と比較して同じ素材・サイズの印鑑でも安い値段で作成することができるのです。

 

実際に私が調べて実店舗とネット通販サイトを比較したところ、印鑑に使用する素材やサイズなどの条件にもよりますが、ネット通販の場合は実店舗の3分の1程度安い値段で印鑑を作成することが可能でした。

 

「ネット通販サイトでは、可能な限り人件費や広告費を削減することによって、安い値段で印鑑が作成できるので、実店舗と変わらない品質の印鑑を作ることができる。」
ということを確認できました。

 

これでひとまず、ネット通販サイトで安い印鑑が作成できるのかという疑問が解決です。

 

あとはネットで印鑑を作成した際の安全性について確認できれば、ネットの通販サイトを使って印鑑を作成することの不安が解消されますよね?

 

それでは次に、ネットで印鑑を作成した場合の個人情報の流出などの安全性での疑問についても解説していきます。

 

一方で、いくら安い値段で印鑑を作成できるといっても、役所に印鑑登録をして使用する実印や、金融機関の証明などお金の管理に関わる銀行印として使用する印鑑をネットで作成するのは少し不安。

「品質が悪いのではないか?」「情報を悪用されるのではないか?」という心配を抱えてしまう方もいるのではないでしょうか?

 

続いては、ネットで安い印鑑を作成する時の不安を解消するために、まずは、「なぜ、ネットの印鑑は安い値段なのか?」についてご紹介し、そして情報の漏洩などの疑問点についてもご説明していきます。

 

ネットでの印鑑作成の安全性

ネットで印鑑を作成すると、実店舗に比べて安い値段で作成することができるとお伝えしました。

 

ただ、初めてネット通販で印鑑を作成する場合には、単純に安いという情報だけとなると、実店舗とは違って人の顔が見えない分、品質などに問題があるのではないかと心配になりませんか?

 

でも実は、実店舗に比べてネットで印鑑を作成した方が安い値段で作ることができるのには、ちゃんとした理由があるのです。

 

ネットの安い印鑑の安全性

ネットで印鑑を作成する場合には、相手の姿が見えないので、「個人情報を悪用されないか?」「印鑑を偽造されて勝手に使われないか?」という安全性についても不安になります。

 

安全性について結論から言いますと、
ネットであっても、実店舗であっても安全性には違いはありません。

 

個人情報の扱いに関しては、情報データは結局のところ店舗が管理しますので、実店舗でもネットでも情報の出やすさに違いはないのです。

 

そもそも、ネットの通販サイトであっても、地元の実店舗であっても、個人情報が流出してしまっているような店舗はすぐに噂が広まりますし、悪い評判や口コミなども出てきます。

 

特にネットでは良い悪い関係なく噂が広まりやすいので、安全性に問題のある通販サイトでは印鑑作成の注文がされなくなっていくので、自然となくなっていくんですね。

 

こういった理由から、ネットで印鑑を作成する場合には、ある程度営業歴があって、信用度の高い通販サイトを選んで印鑑の作成をお願いすれば、安全性に対しても特に心配する必要はないと言えるでしょう。

 

実際にネット販売を行っている店舗にも何年も営業している店舗がありますので、そうした店舗であれば、安い印鑑を作成しても実店舗と比較して安全性を気にする必要はありません。

 

以上のことから、ネットで安い値段の印鑑を作成しても、実店舗で印鑑を作成した場合と変わらない品質・安全性で作成できるということがわかりました。

 

そして、同じ素材やサイズの印鑑を作成しても安い値段で作ることができるのであれば、ネットの通販サイトを利用して印鑑を作成するメリットがありますよね?

 

「印鑑を作成しようと考えていたので、さっそく、ネットで印鑑を作成してみようかな?」と思われた方は、


「ネットで安い印鑑を作成するための通販サイトの選び方」について
こちらの記事にまとめていますので、併せてご参考にしてください。
>>>「印鑑 作成 ネット」へのリンク

 

安い値段の印鑑を作成したいのであれば、ネット通販を利用すれば、比較的低価格で印鑑を作ることができるとお伝えしましたが、さらに印鑑作成の値段を抑えたいのであれば、他にも知っておくと良いポイントがあります。

 

それは、印鑑を作成するときの印鑑の素材や彫り方。

 

ではここから、印鑑を作成する場合の料金を抑える時に知っておきたい、印鑑の使用素材や書体の彫り方による作成料金の違いについて解説していきます。

 

同じ店舗でも素材や彫り方で値段が変わる

ネットでなるべく安い値段で印鑑を作りたい時には、使用する素材や掘り方がどのように値段に関係するのかについても抑えておきましょう。

 

使用素材による印鑑作成の値段の違い

印鑑の作成を安い値段で行うためには、選ぶ素材によっても値段に違いが出ます。
最も安い部類の素材を使って印鑑を作成すれば1,000円代から購入できるものもありますので、かなり値段を抑えて印鑑を作成することも可能です。

 

素材による値段の違いについては、店舗によって扱っている素材の在庫数や品質、機械などの設備の設置状況にもよっても差がありますので、一概にどれが一番安いと言うのは言えません。

 

ただ、私が調査したところ、比較的安い料金で作成することができる素材は、木材を使用した「柘(あかね)」と呼ばれる印材。

 

こちらは、安いものですと1,000円代から3,000円以内くらいで値段が設定されている店舗が多いですね。

 

ちなみにですが、「柘」には「本柘(ほんつけ)」と呼ばれる素材もあり、「本柘」の値段は「柘」に比べると、比較的高く設定されていることが多いので、間違えのないよう気をつけてください。

 

店舗によっては「柘」を「本柘」とは区別をせずに扱っている店舗もあります。


「柘」を使った安い印鑑の作成を検討している方は、購入前に「柘」の取り扱いについて、しっかりとした区別の表記があるかどうか確認することをおすすめします。

 

一方で、印鑑を安く作成できる木材の「柘」とは逆に、印鑑作成の値段が高くなってしまうのが、「象牙(日輪)」です。

 

「象牙(日輪)」は印鑑の素材の中でも「印材の王様」と呼ばれるほどかなりの高級品。安い店舗でも作成料金はなんと約60,000円もします。

 

60,000円となるとかなり高額なので、特に社会に出たばかりの新卒社会人の方にとっては、なかなか手の届きにくい素材ではないでしょうか?

 

しかし、象牙の印鑑は捺印性が優れているため、実印として使用するのは最高です。

 

このように、様々な種類の印鑑素材がありますが、初めて印鑑を作成する方におすすめできる素材は「チタン」です。
「チタン」は、印鑑として作成した時の耐久力にも優れていて、朱肉の乗りも良いのが特徴。そのポテンシャルは象牙を上回ると言われるほどです。

 

また、シックな雰囲気があるので男性からの人気が高いですが、最近では「カラーチタン」なども登場していますので、女性の方が印鑑の素材として選択することも増えています。

 

年代や性別を問わず人気もありますし、社会人としてデビューしたばかりの年代の方にはピッタリの印鑑素材なんですね。

 

気になる「チタン」の作成価格ですが、ほとんどのネット通販サイトで10,000~20,000円の値段で作ることができます。

 


「あまり高価な素材の印鑑には手が出ないけど、せっかく印鑑を作成するのであれば、なるべく長く使える良い印鑑を作りたい!」
といった方にはかなりおすすめの素材です。

 

印鑑に使用する素材によって、作成の料金にかなり違いが出るということがわかりました。
そして、私がいくつかのネットの通販サイトを見て印鑑の値段を比較したところ、印鑑の素材を選ぶ際に、ぜひ気をつけて欲しいポイントを発見しました。

 

その印鑑作成の料金の比較を行う際の注意点とは、
ある素材では最安値だった通販サイトが、別の素材で印鑑を作成すると他のサイトよりも高くなることがある。
ということです。

 

最初は安い素材の「柘」を使って印鑑の作成を考えていたけど、色々見てみたら「チタン」の方が良さそう…。
そんな時に「柘の素材で最安値だったから、チタンを使っても安いだろう……」と、サイトごとの値段を比較・検索することを怠ってしまうと、「チタン」印鑑を作成する場合には実は他の通販サイトの方が安かった……
なんてことも起こりえます。


印鑑の作成をできるだけ安い値段で考えているのであれば、素材を変更する時には面倒ですが、もう一度使用する素材による料金の比較を行うことをおすすめします。

 

印鑑の彫り方でも値段は変わる

印鑑作成の値段は使用する素材だけでなく、「彫り方」によっても差が出ます。

印鑑を作成する際の「彫り方」に関しては大きく分けると下記の3種類です。

  • 機械彫り
  • 手仕上げ
  • 完全手彫り

 

そして、この中で比較的安い値段で作成をすることができるのは「機械彫り」です。
機械彫りは、全て機械を使って書体を彫るので、手彫りと比べて安い値段で印鑑を作成することができます。

 

さらに、作成時間に関しても、機械彫りは値段が安いだけでなく、3つの彫り方の中でも早く印鑑を作成することができます。

 

私が調査したところ、最短1時間程度で印鑑の作成が完了する店舗もありました。

 

例えば、短時間で印鑑を作成できる店舗であれば、即日、仮に朝イチで作成をお願いすれば午前中に印鑑を受け取ることも可能。
そうすれば、午後イチには役所で印鑑登録をして実印として使用することができるので、実印として使用することができます。
「機械彫り」が、安く印鑑を作成できる一方で、印鑑作成時に値段が高くなるのは「完全手彫り」。
「完全手彫り」というのは、その名の通り印鑑の作成時に行う書体の彫りを最初から最後まで人の手で行う方法です。

 

手間が掛かる分、時間もお金もかかるのですが、印鑑職人さんの味のある書体と、世界に一つだけのオリジナリティに溢れた印鑑が作成できるのがメリットです。

 

この「彫り方」による印鑑作成の値段の差額は、基本的にはオプションとして「完全手彫り」を選択して、追加で料金を支払う形式が多いです。

 

2,000円で「完全手彫り」ができる店舗もあれば、「完全手彫り」にするには9,000円かかる店舗もありますので、店舗による差がかなり大きいのも特徴です。

 

相場としては5,000円前後の追加料金を支払うことで、「機械彫り」から「完全手彫り」の印鑑を作成することができるので、特に「完全手彫り」で印鑑を作成する際には「使用素材と彫り方」の両方をあわせた値段で比較をすることをおすすめします。
印鑑を使用するまでにある程度時間的に余裕がある場合や、偽造の可能性を少しでも低くしたい場合には、印鑑の彫り方にもこだわってみてはいかがでしょか?

 

安い印鑑を作成したいと考えていても、偽造されにくいこと、オリジナリティの高い印鑑を作れることを考えると、多少値段が高くても彫り方は「完全手彫り」を選びたいですね。

特に、役所で印鑑登録をする場合や、銀行の印鑑として使用する場合には「完全手彫り」の印鑑を作成することをおすすめします。

それでは最後に、ネットで印鑑を作成する場合に忘れがちなポイント、「送料」についてもご紹介していきます。

 

ネット購入時には送料無料なのか?

印鑑をネットで作成する場合に忘れがちなのが、

「完成した印鑑を郵送で送ってもらう場合の郵送料金がどのくらいになるのか?」

です。

 

印鑑を作成した場合の送料については、私が調査したところでは、多くのネット通販サイトが商品を購入した場合に送料無料で郵送をしてくれます。
しかし、サイトによっては送料がかかってしまう店舗も存在しますので、注文時には送料がかかるのかの確認も行うようにしましょう。

送料がかかる場合でも、
印鑑自体の大きさが小さいので、比較的送料は安い場合が多いです。
郵送方法にもよりますが、ポスト投函などであれば200円前後、宅急便などでも500円前後で配送してくれる通販サイトがほとんどですね。

 

店舗によっては「○○円以上は送料無料」などの場合もありますので、作成前には「印鑑作成の値段」と「送料が無料かどうか」の2つを検討して、総額で安い値段で印鑑を作成できるのかを比較するようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?
印鑑の作成にかかる費用に注目して見ていくと、実店舗よりもネット通販で作成した方が安い印鑑を作ることができるということでした。

 

そして、安い値段で作成できる印鑑であっても、実店舗に比べて決して品質や安全性が劣るわけではないということですね。

 

もし、既に使いたい素材や書体などが決まっている場合など、店員さんに相談をする必要のない場合には、ネットの通販サイトを使って印鑑を作成すれば、安い値段で印鑑を作成することができます。

 

ただ、ネットの通販サイトといってもかなり多くの店舗がありますので、どのサイトを選べばよいのか迷ってしまいますよね。

 

当サイトでは、ネットの通販で印鑑を作成するする際に押さえておきたいポイント、おすすめの通販サイトについても情報をまとめています。
詳細については、こちらの記事でご紹介していますので、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です